くんち塾フォーラムへようこそ、このページは長崎くんちに関する出来事や歴史を日々更新しています。

新大工町

新大工町(しんだいくまち)


大きな地図で見る

郵便番号:850-0017
新大工町は、旧踊町の最北東端に位置する町で、1番から6番までの街区で構成されている。中島川下流右岸、同川に堂門川が合流する付近にある。
現在は、蛍茶屋方面へ伸びる国道34号線を挟んで、南は伊勢町、北は片淵1丁目、西は馬町に接している。町域の中央部を縦断する商店街の通りは旧長崎街道であり、その両側に銀行や玉屋百貨店長崎店を中心に、新大工町商店街を形成している。また、新大工町市場、天満市場、新天満市場などの市場が立地し、食料品など生活必需品の店が密集し、遠近からの買物客で賑う繁華街である。

<町名の由来>
本大工町に遅れて大工職が開いたことによる。寛文12年、地内の出来大工町を分離した。
外町の一番端に立地し、町域も相対的に広いのは、大工職の特性上、広大な土地を要したためではなかろうか。
また、長崎の町名によく見られる「本○○町」と「今○○町」ではなく、大工町は「本大工町」「新大工町」「出来大工町」という名付けである。推測であるが、大工職は需要が多く、新大工町出来大工町が成立した時点でも、本大工町も引き続き大工職の町であったのかもしれない(”今の”大工町ではないため)。
※同様の事例は、「紙屋町」「高麗町」「石灰町」「興善町(シンではなくアタラシ)」。職人町という括りで言えば、「紙屋町」「石灰町」の2例。

<江戸時代の歴史>
長崎外町の1町。陸手に属した。
享和2年の長崎絵図によれば、町並みは東西に延び、東はサクラ馬場、西は北馬町南馬町に隣接していた。
正保4年の長崎外町ケ町数之帳では、箇所数100(柏原家文書)、寛文3年の町の長さ536間・家持151(寛宝日記)、同12年の町の長さ261間・実箇所数67、諸役御免箇所3(県史対外交渉編)。
文化5年の長崎市中明細帳によれば、坪数4,111坪余・箇所数69・竈数296・戸数338・人数705(男350・女355)。

傘鉾

<飾>
紅葉に灯籠
<輪>
〆縄飾
<垂>
正絹両練固地織薄茶地固流紋に三社の御紋金糸縫

新大工町傘鉾

奉納踊

詩舞・曳檀尻

新大工町詩舞 新大工町曳檀尻

昭和26年 曳段尻・剣舞
昭和33年 曳檀尻
昭和40年 曳檀尻
昭和47年 曳檀尻
昭和54年 曳檀尻
昭和61年 曳檀尻。(新調)
平成6年 詩舞・曳檀尻
平成13年 詩舞・曳檀尻
平成20年 詩舞・曳檀尻
平成27年 詩舞・曳檀尻

参照

踊町
新大工町webくんち(外部リンク:Facebook)

編集者(  )
このページは新大工町に関する書きかけ原稿です。